2021.09.29

フローリング - 天然無垢材・複合

フローリングには大きく分けて2種類があります。天然無垢材と複合材です。それぞれの特徴をご紹介します。

天然無垢材

一本の木から削って成型し、そのままの素材で作ったフローリングです。

 

長所 短所
* 木の特徴を生かし、急激な温度の変化や湿度、過乾燥から守ってくれる

* 肌触りのよさ

* 木そのものの持つ香り、脱臭効果もある

* 木そのものの柄、味わいがあり、経年変化でさらに味がでてくる

* 曲がりやひび割れの発生 ※

* フローリングの隙間

* 床暖房対応のものが少ない。選択肢が狭まる

* 複合より高価

※注1  最近では乾燥技術の発達や加工技術の向上により、大変少なくなっていますが、ごくまれに発生する可能性はあります。

 

複合材
合板の上に表面化粧単板を貼って作られます。一般的にフローリングと呼ばれるものはこちら。
複合材のフローリングの中にも、シートフロア・突板・挽き板の3種類に分かれます。
シートフロア 突板 挽き板
木目をプリントした樹脂シート等化粧シートを合板に貼ったもの  木材を薄くスライスして合板に貼ったもの  木材を2㎜位に挽いて合板とあわせたもの
長所 短所
* 無垢材に比べて安価

* 防音性や耐久性、傷が付きにくいなど様々な加工をしている商品が多い

* 床暖房対応のものが多い(シートフロア)

* デザインが豊富(シートフロア)

 * 無垢材より化学物質を使っている

* 無垢材の肌触りには及ばない

* 経年変化では劣化が目立つかも

 

* 商品の質も無垢材の質感に近づけて仕上げているものもあり、無垢材と変わらぬ仕上がりになる商品も増えています。

株式会社 ケースタイルデコレーション

TEL.03-4577-8666

受付時間 AM 9:00 ~ PM 6:00
〒182-0014 東京都調布市柴崎2-32-6 1F